×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

デカールを貼りおわったので表面をクリアーでコーティングします。今回はたっぷり吹き付けます。
十分乾燥させてから、研ぎ出しました。
もちろん、ボディー以外にエアロパーツも。
グリル部分はエナメルのつや消しブラックを適当に塗ります。
乾燥した後、エナメル溶剤を綿棒に付けてこすります。すると、余分な部分がのき、綺麗にできます。

いつもの方法ですね。
フロントのリフレクターは、金型からプラスチックが流れ出ている部分があるため、うまく、ハマらない場合があります。

自分で確かめながら不必要な部分を削っていきましょう。
フロントは、エナメルブラックでふちを塗っています。

リアはエナメルレッドで内側から塗り、ふちも塗っています。
内装は前回完成したはずでしたが、まだココが出来ていませんでした。なので、メタリックを貼って、エナメルのクリアレッドを塗りました。
またまた、VIP0カーのイメージ(固定概念)でスモークガラスを再現します。
やり方は、自動車用のフィルムを貼るだけ。
剥がれてこないか不安ですが、簡単にムラなくスモークを再現するにはコレぐらいしかないので。
全てのパーツを組み合わせてみました。コレだけでも十分VIPカーです。

エアロパーツ(バンパー、スカート)の接着は模型用で、ウイングやリフレクターなどはGボンドで接着しました。
残りは窓枠などのメッキ再現です。

キット付属のメッキシールは直線以外では引っ付きが悪く、うまく引っ付かないので、直線部分だけで使うことにしました。
なので、メタルックで貼り直しです。

メタルックを切って、ミラー、アンテナを接着すれば完成です。


完成した作品はギャラリーで!!