×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今回はGT4で愛用しているMR-Sをイメージして製作していきます。

さて、半年ほど手をつけていなかったプラモを再開します。いきなり改造などをしたら、失敗するのは目に見えているので、今回は素組みでリハビリをしたいと思います。

今回使用したキットは
フジミ マナティーレーシング MR-S  です。

写真を見て分かるように、すでに製作を開始しています。このキットは、パーティングラインやヒケが少なくいい感じです。リハビリにはピッタリみたいです。
フジミには、こんなキットをたくさん作って欲しいですね。でも質がよくても、定価が高いのが問題ですが・・・
ボディー全体に800番のペーパーをかけて、洗った状態です。

皆さんはボディーなどを洗った時どのようにして乾かしていますか?私は写真のようなものを使って乾かしています。
あとは、コンプレッサーを使ったりもしてます。
乾燥後、グレーサーフェイサーを吹きました。
ボディーカラーをホワイトにするので、ホワイトサーフェイサーを吹き付けた方が発色が良くなります。しかし、ホワイトの上からホワイトを塗っても、どこが塗れたのか分からなくなるのでグレーサーフェイサーを使いました。
そしてホワイトを吹きつけました。
ホワイトは塗っていると、やる気がなくなるような気がしました。

1時間ほど乾燥させた後、スーパークリアを吹きつけました。クリアを吹いた後、写真を撮ったものの、違いがそれほどないので公開はなしって事で・・・

1週間ほど乾燥させ、デカールを貼ってからもう一度クリアを吹きつけます。